精密機械部品加工(マシニング、NC旋盤、複合加工、平面・円筒研磨、放電加工、ワイヤ etc)、治工具設計製作のご用命は テクニス精機 へどうぞ

ご挨拶

 テクニス精機は、岩手県奥州市にある精密機械部品メーカーです。昭和48年に先代社長が部品加工工場を開いてから少しずつ技術の幅を広げてまいりました。今ではフライス盤、マシニングセンタ、旋盤、研磨機、放電加工機など、部品加工に必要な設備は一通り揃っており、優秀な技術スタッフが日々研鑽を重ねております。
ものすごい速さで変化する時代の最先端技術を最新鋭とは言えない設備で追い求めるのは大変難しいことですが、お客様の要求に対して長年多品種少量生産部品専門に積み重ねてきた技術と経験でもってカバーし、一つ一つの仕事に真摯に向き合っていくことを大切に考えております。
大きな物、重い物、超高精度品、微細加工など出来ないことだらけではありますが、丁寧な仕事と最高の品質を目指してお客様とともに成長してまいります。

会社概要

創 業 1973年4月10日
代表取締役 千葉智弘
資本金 1,000万円
従業員 男性 13名 / 女性 1名 / 合計 14名  (平成25年4月現在)
事業内容 精密機械部品加工
 旋盤加工、MC加工、多軸複合加工、放電加工(ワイヤ・型彫り、細穴)
 研削加工(平面、円筒、内面)、キー溝加工など
各種試作品の製作
各種省力化機械・装置の設計製作
各種治工具の設計製作
各種機械・器具・装置の修理、および保守部品の製作
主要取引先 株式会社アイオー精密
株式会社長尾工業
株式会社日立メディアエレクトロニクス
株式会社日立エルジーデータストレージ
田中貴金属工業株式会社
ファインシンター東北株式会社
株式会社ミズサワセミコンダクタ ほか     (順不同)
取引銀行 水沢信用金庫、岩手銀行
所在地 有限会社テクニス精機
〒023-0132
岩手県奥州市水沢区羽田町明正109
TEL 0197-25-4133
FAX 0197-25-4197
E-mail contact@technis-precision.com

会社経歴

昭和48年 4月 「テクニス精機製作所」として岩手県水沢市羽田町字下屋敷で創業
量産品の一般機械部品加工を開始   創業者 千葉弘治
昭和51年10月 社員を3名増員
量産部品加工から撤退し、治工具類やカスタム部品の一品物を受託生産開始
昭和52年 5月 「有限会社テクニス精機」に改称し法人成り 代表取締役 千葉弘治 資本金 500万円
日立水沢製作所殿と取引開始 各種自動化機械装置、治工具、メンテナンス部品等を製作
昭和58年 5月 資本金 800万円に増資
立型マシニングセンター(アマダ)を導入 NC加工を開始する
昭和59年 5月 平面研削盤(日立精工)を導入
昭和61年 8月 AutoCadを導入 CADの運用研究を開始
昭和62年 8月 立型マシニングセンター(マザック)、NC旋盤(マザック)を各1台導入
昭和62年 9月 資本金 1000万円に増資
平成元年 4月 岩手県水沢市羽田町明正109番地に新工場を建設着工
平成元年 7月 新工場完成(全4棟 983㎡) 移転操業開始
平成 5年11月 ワイヤカット放電加工機(FUNUC)導入
平成15年 4月 代表取締役に千葉智弘就任  取締役会長 千葉弘治
Copyright(c) 2013 有限会社テクニス精機 All Rights Reserved.