精密機械部品加工(マシニング、NC旋盤、複合加工、平面・円筒研磨、放電加工、ワイヤ etc)、治工具設計製作のご用命は テクニス精機 へどうぞ

Home » イベント・出来事 » 8/26 ~ 8/30 インターンシップ研修を実施しました

8/26 ~ 8/30 インターンシップ研修を実施しました

category : イベント・出来事 2013.9.3 

 当社では2回目となる岩手県立産業技術短期大学校からのインターンシップ受け入れ。今回の受講者は生産技術課1年の深澤 拓(たくみ)君です。物腰の落ち着いた礼儀正しい好青年でした。

実習内容はSTAVAX製品のバリ取り・面取りと、マシニング加工部品の脱着及び検査を体験してもらいました。

IMG_2084IMG_2083

   初めての材料と道具に苦戦

IMG_2144IMG_2145

  産業技術短期大学校の和泉先生に作業の内容を説明中          和泉先生と一緒に

 授業や実習では得られない現場の雰囲気を体験して、深澤君は1段レベルアップしたに違いありません。なぜなら、彼がバリ取りしたり脱着や検査をしたものは全て「製品」となるものばかり。緊張感もハンパじゃなかったと思います。

 実習のまとめとして、体験レポートを書いてもらいました。深澤君の感じた事がよく分かるレポートでした。1週間という短い間でしたが、彼のノートにはいろんな事がビッシリと書き込まれていました。今後の参考にしてもらえば当社としてもうれしいです!ご苦労様でした!!

IMG_2146IMG_2147

          レポート作成中              ノートにはいろんな事がびっしり


体験レポート(原文のまま紹介します)

インターンシップを終えて

産業技術短期大学校水沢校

生産技術科1年 深澤 拓

 私は今回インターンシップで5日間、テクニス精機さんにお世話になりました。少し緊張していましたが、会社の皆さんの雰囲気がよく、安心して作業をすることができました。

 初日から、加工に携わらせていただきましたが、学校でやる加工とは違い複雑な形状の物が多く作業がとても大変でした。

 1、2日目はバリ取りをしました。最初は簡単な作業だと思っていましたが、実際にやってみると形状が複雑で滑りやすい素材だった為、とても難しかったです。バリ取りが汚かったり、バリ取りが下手で製品に傷がついたりすれば製品の価値も下がってしまいます。反対にバリ取りがきれいだと製品も良く見えます。単純な作業ではありますが、製品を美しく見せる上でとても大切な作業だと思いました。

 3日目から最終日の5日目までは、マシニングセンタを使った作業をさせていただきました。基本的にはプログラムは組んであったので、ワークの取り付け・ボタンの操作・寸法測定・バリ取りをしました。ワークの取り付けは、少しでもずれてしまうと製品全体の仕上がりにも関ってくるので慎重にやりました。寸法測定はシリンダーゲージを使い寸法公差内にしっかり入っているかを確認しました。シリンダーゲージを使うのは初めてでしたが使い方を教えてもらい、正しい寸法の測り方を覚えることができました。もし、寸法が公差から外れていれば製品の価値はゼロになります。その点で、ものづくりの世界はとてもシビアだと思いました。全体の作業自体は教えてもらいながらも、しっかりやることができたのでよかったと思います。

 実際に、加工現場に入り思ったことは、会社の皆さんの個々の技術力が非常に高いということです。様々なニーズに応えられるだけの技術力はとてもすごいと思いました。また、ものづくりをする上で正確さだけでなく、作業効率を上げていくことも会社にとって、とても大事なことだと思いました。今回、会社の中の様々な人からお話しを聞いて一番心に残ったのは、「ものづくりをする上でどんな単純な作業でも自分の仕事に誇りを持ってやってほしい。」ということです。自分の仕事に、自信・誇り・責任を持つこと、とても大事なことだと思います。私も近い将来、大人になり社会に出て仕事をしていきます。その中でとても大切になっていくことを教わった気がします。

 この5日間で私は、本当に大切なことを多く学ぶことができたと思います。今はまだ学生ですが、このインターンシップで学んだこと、経験したことは将来、必ず役に立ってくると思います。皆さんのお陰で本当に貴重な経験ができ、充実した5日間を過ごすことができました。この経験を活かし将来は、ものづくりをする上で必要とされるような人材になっていきたいと思います。

 最後とはなりましたが、この度、インターンシップを承諾していただき、このような貴重な経験をさせていただいたことに深く感謝申し上げたいと思います。

本当にありがとうございました。

コメントフォーム よろしければコメントをどうぞ

Copyright(c) 2013 有限会社テクニス精機 All Rights Reserved.